ごみ処理施設

ごみ処理フロー

ごみを確実に処理し、公害がなく、エネルギーを有効に利用します


収集されたごみは……

計量した後、ごみピットに受け入れ貯留します。
ごみピットのごみは、クレーンにより給じん機へ送られ粗破砕しながら炉へ定量的に供給します。
スラッジは、汚泥供給機で炉までパイプ輸送し、供給します。


焼却炉では……

650~800℃に熱せられた高温の砂が激しく流動旋回しており、この中でごみは、短時間で確実に燃焼します。
炉の出口ガス温度は950℃となっており、未燃物を残さず完全燃焼しています。
ごみ中の不燃物は、炉の中心から非常に衛生的な状態で取り出します。


高温の排ガスは……

排熱ボイラによって、灰ガスの持っている余熱を効率よく回収し、蒸気を発生させます。
この蒸気により、施設内の押込送風機と誘引通風機をタービン駆動し、エネルギーの有効利用を図り、運動経費の少ない施設を目指しています。


その後の排ガスは……

排熱を回収した後、ガス冷却室で冷却し、ろ過式集じん器(バグフィルタ)で、排ガス中のばいじんと塩化水素(Hcl)・硫黄酸化物(SOx)を除去し、基準値以下のきれいなガスとします。
また、捕集したダストは、セメントを混ぜて固化し、無害化します。