設備説明

主処理設備

生し尿は、定量的に脱窒素槽に投入され、脱窒作用を促すための攪拌を行います。
浄化槽汚泥は、遠心脱水機に送り固液分離します。分離液も脱窒素槽に定量的に送ります。次に硝化槽に送られます。
硝化槽では、微生物の動きによってアンモニア性窒素を分解して硝酸性イオンに変えます。
脱窒素槽では、脱窒菌の還元作用を利用して、硝化槽からの硝酸性イオンを窒素ガスに変えます。脱窒菌は、この作用を起こすためBOD源(有機炭素源、アミノ酸)が必要になります。

▲硝化槽 ▲生物脱臭塔 ▲脱窒素槽